NEWSまとめちゃん

NEWSまとめちゃんはまとめブログです。
日々の気になるニュースや芸能人の噂・おもしろネタを配信していきます。

    カテゴリ: 痴漢


    痴漢防止スタンプ完売!でも押されて冤罪だったら…菊地弁護士「個人的見解ですが『逃げる』です」(関西テレビ) - Yahoo!ニュース
    無くならない痴漢の被害…。そんな中、文具メーカー・シヤチハタが開発したのは「痴漢.
    (出典:Yahoo!ニュース)


    痴漢(ちかん)とは、性暴力の一つであり、相手の意に反して性的行為を行う者、もしくは行為そのものを指す。法律や条例によって処罰される性犯罪である。 主に地方公共団体ごとの迷惑防止条例や、刑法第176条の強制わいせつ罪が適用される。 実務上は迷惑防止条例の「正当な理由なく、人を著しく羞恥させ、又は人に不
    40キロバイト (5,838 語) - 2019年9月2日 (月) 09:48



    (出典 trend-boom.info)



    痴漢防止スタンプわずか30分で売り切れたようです。驚きました。本当に必要な人より興味本位の人が購入しているように思いますこのようなスタンプは女性にとって心強いですが冤罪を生む可能性は極めて高く、特に満員電車は危険性が増すように思います。痴漢に間違いなくスタンプが押せる自信なんてあるのでしょうか。

    【話題の痴漢防止スタンプ シャチハタが発売 わずか30分で売り切れ⁉】の続きを読む


    「逃げるな!」痴漢男の逃走動画、被害女子高生が叫ぶも周りの反応が物議 『めざまし』での指摘にも批判 - ニコニコニュース
    29日放送の「めざましテレビ」(フジテレビ系)が、痴漢男が逃走する様子を撮影した動画を放映し、ネット上で物議を醸している。 同番組では、28日にツイッター上で公開、拡散 ...
    (出典:ニコニコニュース)

    驚きですね。1ヶ月間誰にも相談できずに耐えていたのでしょうか。その間、誰も気付かなかったのでしょうか。

    暴行罪(ぼうこうざい)は、刑法第208条に規定されている。刑法第27章「傷害の」の中に規定が置かれ、広義の傷害罪の一種である。暴行を加えた者が人を傷害するに至らなかったときに暴行罪となる。 本の保護法益は身体の安全である。暴行罪暴行を加えた者が人を傷害するに至らなかったときに成立する(刑法第
    9キロバイト (1,486 語) - 2019年5月15日 (水) 11:03

    痴漢に足をひっかけた男性は暴行罪なのでは?といった声があります。たまたま足を組み替えたといったこともありますよね。可能性は低そうですが。故意的に足を、ひっかけたのなら捕まえることもできたような気がしますね。


    (出典 enbeyond.com)



    勇気ある女子高生ですね。ホームを走るのは危険な行為ですが叫びながらいかけています。見て見ぬふりをする人達が多いということですね。「何をされるか分からない」「関わりたくない」と思う人がいるのも仕方ないのかも知れませんね。



    【【2ch】痴漢を追いかける女子高生が話題!痴漢に足をひっかけた男性は暴行罪⁈】の続きを読む


    痴漢撃退に“安全ピン”はあり?なし? 痴漢に遭った場合・疑われた場合の対処法 - www.fnn.jp
    Live News it! Twitterに投稿された中学生の頃痴漢に遭った際のマンガが話題に… 痴漢対策に“安全ピン”…スマホや防犯ブザーなどが普及する以前の話 電車に乗る際に ...
    (出典:www.fnn.jp)


    安全ピン(あんぜんピン、英: safety pin)は、複数枚の布をとめるために使われる金属製器具。布同士を留めたり、服にバッジを留めたりする際に用いられる。 まっすぐな形をした留め針とは異なり、安全ピンは鋭い針の先を金具の中に引っ掛けておくことで、体や指に不用意に刺さらないようにできている。安全ピ
    4キロバイト (602 語) - 2019年3月31日 (日) 00:25



    (出典 c.imgz.jp)



    皆さんは痴漢撃退安全ピンの案、どう思いますか?安全ピン、名札を付けるイメージしか持っていないような気がします。痴漢といえば満員電車ですが、身動きがとれず逃げられないのに痴漢にうまく安全ピン刺さるのか疑問です。チクッ程度なら大丈夫かと思いますが電車が揺れてグサっと刺さったら被害者が加害者になることも考えられます。第三者を巻き込む可能性すらあります。なかなか難しいですね。


    【【2ch】痴漢撃退に安全ピン⁉︎ 賛否両論  痴漢になら何しても大丈夫?いいえ、被害者が加害者になる】の続きを読む

    このページのトップヘ